NEWS

2024.07.07幼稚園だより

2024年 保育参観0701(年長児)

7月1日(月)年長児の保育参観。前半はお御堂です。保護者の皆さまには、先にお御堂にご入室いただきました。厳粛な雰囲気の中、子どもたちが入室します。子どもも大人も話をする人は、一人もいません。神さまへご挨拶・お祈りをした後、主幹保育教諭よりカトリック(キリスト教)の教えの話です。話の内容は『10人の友だち』、感謝する気持ちを常に持っていることの大切さについてになります。みんなで気持ち良い時間を過ごすことができました。しっかりお祈りし静かに話を聞く子どもたち、確実に子どもたちは育っています。後半は織姫さまと彦星さまの七夕の物語にちなんで、お願いごとを飾るための七夕飾りの制作です。画用紙の台紙、金色・銀色・黄色の折り紙の材料はみんな同じものになりますが、デザインはそれぞれ自由です。「どんなデザインにするか」、親子で相談し協力して作ります。各テーブルから相談する声が聞こえて来ました。子どもたち以上にお父さんお母さん方の真剣な様子がうかがえます。同じ時間を過ごすだけでなく、お互いの考えを知って、「そのアイディアを認め合うこと」はとても大切なことです。小さい星、大きい星、流れ星、ハートやリボン等々、オリジナリティ溢れる七夕飾りが出来ているようです。限られた時間での制作になるため、時間内に終わらない場合はお部屋でも続けて作ることにしています。完成したものを見ながら、「ステキだね」「キレイだね」のたくさん声が聞かれ、たくさんの笑顔の花が咲きました。素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。保護者の皆さま、ご参加とご協力ありがとうございました。